News

ニュース

お知らせ
2022.05.20

【報道発表】自律飛行型ドローンとAIを活用した工事管理ソリューション開発の協業検討を開始 ~ランドログプラットフォームにクオリカのAI技術を搭載し、工事の進捗管理の自動化へ~

 株式会社EARTHBRAIN(代表取締役社長 小野寺 昭則、以下、EARTHBRAIN)はクオリカ株式会社(代表取締役社長 辻本 誠、以下、クオリカ)と共同でトンネル工事など屋内型建設現場における自律飛行型ドローンとAIを活用した工事進捗管理ソリューション開発の協業について検討を開始しました。本ソリューションは2023年春の商用化をめざして、2021年夏からクオリカにおいてトンネル工事現場とトンネル実験設備にて実験を実施しており、ランドログプラットフォームを活用した実証実験を2022年度中に開始する予定です。

 

 従来、トンネル工事の管理者は、管理者自身が実際にトンネル内を歩いて写真を撮影し、多岐にわたる工事進捗管理報告書類を作成しており、人手不足や作業負荷が課題となっています。こうした背景から、EARTHBRAINは自律飛行型ドローンとAIで簡単かつ迅速に工事進捗管理や報告が行えるソリューション開発を行うため、優れた自律飛行ドローン+AI技術を保有するクオリカとランドログプラットフォーム上でのサービス実現に向けて協業の検討を開始することにしました。

 

 本ソリューションは、クオリカのパートナーである株式会社Spiralの協力のもと、自律飛行型ドローンを活用してトンネル内の映像を撮影し、工事資材や作業の進捗、トンネルの作業場所を自動で検知・解析をすることにより、撮影データから自動的に工事進捗を管理することを可能にするものです。EARTHBRAINの提供する「ランドログプラットフォーム※1※2」上にクオリカの提供する独自のAI機能を連携することで、工事管理者が現場から離れた場所にいても現場の進捗状況の確認をすることができます。ランドログプラットフォームを活用することで、本ソリューションの拡張に有用なパートナー各社の技術とのスムーズな連携や、現場ニーズに合わせた柔軟な拡張性につながります。

 

<開発予定ソリューションのイメージ※3

 

 今後もEARTHBRAINは、さまざまな業界のパートナーと連携し、建設現場のデジタル化を実現することにより、生産性・安全性・環境性を向上し、スマートでクリーンな未来の現場の創造に取り組んでまいります。

 

<クオリカ株式会社 執行役員 宮下 孝夫様からのコメント>
 建設業向けのランドログプラットフォームをお持ちのEARTHBRAIN様とGNSSレスでのドローンの屋内自律飛行の事業化を目指すクオリカの両方の知見を使い、建設DX分野において社会に役立つシステムを開発していきます。

 

<株式会社Spiral 代表取締役CEO 石川 知寛様からのコメント>
 EARTHBRAIN様、クオリカ様は建設業界に対する実績に加えソフトウエア及びクラウドに強みをお持ちです。弊社は、非GNSS下でのドローン自律飛行システムを開発しています。自律飛行ドローンが空飛ぶIoTデバイスとなり建設現場のあらゆるデータを収集し、それらがランドログプラットフォーム上で活用されることにより、建設DX化に貢献したいと考えています。

 


※1 「ランドログプラットフォーム」は、EARTHBRAIN社が提供する建設業界向けIoTオープンプラットフォームサービスで、パートナー企業49社(2021年12月末時点)が展開する各建設現場における施工管理情報などのデジタル化を促進するサービスやデバイスのデータを統合・活用できる基幹システムです。(NETIS登録番号QS-210052-A)
※2 2021年7月に株式会社EARTHBRAINが設立されたことに伴い、株式会社ランドログのプラットフォーム運営事業やパートナー運営活動などは、株式会社EARTHBRAINに引き継がれ、LANDLOG Company事業として運営されています。
※3 ソリューションイメージは変更になる場合がございます。

報道発表資料に記載された情報は、 発表日現在のものです。 仕様、 サービス内容、 お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください

Contact

お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからお願いいたします

建設生産プロセスのデジタル革命により、
新たな世界を創りだす

初めての方でも手軽に
現場のデジタル革命を体験できるパッケージ

Back to Top